今、口元の美しさのために審美歯科治療に注目!

クリーニングからオールセラミックまで!

審美歯科では、歯のホワイトニング等を行い、美しい口元と作ることを目的とします。歯をきれいにする方法としては、クリーニングとホワイトニングがありますが、歯並びを整えるには歯列矯正などを施します。最近では、より美しい笑顔をにする為に、奥歯などの詰め物をオールセラミックにする治療を受ける人も増えています。笑った時でも、従来の金属色から、自然な歯の色になっているわけです。金属の詰め物はアレルギーの原因になることもあるので、セラミック置換治療は,予防の効果もあるといえるでしょう。

削らないのが嬉しい、ホワイトニング!

一般的に、歯を白くする方法として、ホワイトニングが行われています。この方法のメリットは、自分の歯を削ることなく白くできることです。方法としては、過酸化水素を主要成分としたホワイトニング剤を歯の表面に塗り、着色成分を分解脱色します。治療期間も比較的短くて済み、費用も抑えることができるのもメリットの一つでしょう。但し、やはり治療後の歯のケアは必要なわけで、きちんとケアすれば年に1~2回の治療で白さを保つ事ができます。

そして注目は、ラミネートベニア!

その他、最近行われている審美歯科治療にラミネ-トベニア治療があります。これは歯の表面を薄く削り、オールセラミックなどでできた薄い片を貼り付けるものです。スキッ歯の治療などに有効で、又ホワイトニング治療としても行うことができます。セラミッククラウンのように歯全体を削る必要がないことが特徴といえるでしょう。また、セラミックは変色しにくいので、歯のケアが比較的楽な事も大きなメリットの一つとして挙げられます。

セレックを使うことで従来では時間が掛かっていた修復物も最新の技術によって直ぐに作ることが出来て便利です。