多くの人が知っている腰痛について考えよう

腰痛を抱えるひとは非常に多い

腰が痛いという言葉を良く聞きますが、慢性腰痛の人や急性腰痛、いわゆるぎっくり腰などで悩む人は非常に多いようです。地球上で二足歩行する生き物はは人だけですが、腰に掛かる負担というものは計り知れません。動物は基本的に4本脚で体重を支えていることを考えると人の体の腰には相当な負荷がかかっているということが分かります。職場では腰痛で悩む人が必ずいるといっても過言ではないでしょう。腰痛のため仕事を長期休むことになれば、収入の面でもダメージを受けることになり兼ねません。

腰痛にも種類があると知っておこう

慢性腰痛と急性腰痛にはどういった違いがあるのでしょうか。慢性腰痛は鈍い痛みが多く何とか我慢出来る痛みという症状が多いのに対し、急性腰痛は俗に言うギックリ腰と呼ばれるもので、一度やると癖になり何度も繰り返してしまうという人が多いのです。慢性の場合は、単なる腰痛でないヘルニアや坐骨神経痛の可能性もあり、慢性、急性どちらにしても診察を受け、早めに治療しておくことが大事です。日々の忙しさに後回しにしないように心がけましょう。

腰痛の治療方法あれこれ

腰痛と言っても馬鹿にしてはいけません。酷くなると仕事はもちろん、家の中での作業やトイレに行くことすら出来ないほどの痛みを伴います。腰以外どこも悪くないが体の中心にある腰を痛めてしまうと何も出来なくなってしまいます。そんなことにならないように腰痛を早期治療しておくことが一番ですが、ストレッチをすることで治療する方法もあれば、針や灸などのツボ治療もあります。一般的には整体に通うって治療する方が多いようですが、自分に合った治療方法を見つけることが大切です。

ヘルスケア専門職といわれるカイロプラクティックは、内臓不調・末梢神経障害などにも効果的な例があります。