心臓病の予防って普段の生活がとても大切なんです!

心臓病の予防には何が重要なんでしょう

現代社会で成人が心臓疾患に陥る可能性は、かなり高くなっています。様々な原因がありますが、生活習慣に起因することが多いといわれています。ということは、日ごろから、生活習慣に十分な注意を払うことで、心臓病の予防を行うことも可能だということなんです。つまり、日常生活において、心臓にできるだけ負担を掛けないような心配りをする、ということがとっても重要になります。例えば、たばこを吸わない、食事の塩分は控えめにして、適度な運動を心がける、などは基本中の基本です。

毎日の積み重ねで徐々に改善されます

喫煙が体に悪いことは、だれでも知っていることですが、よくいわれるように肺がんのリスクを高めるだけでなく、血管や心臓にとっても大きなリスク要因なので、ぜひとも禁煙すべきです。暴飲、暴食を避け、規則正しく、減塩食を中心に、偏りのないバランスの良い食事を摂ることも心臓病を予防するうえでとても重要です。適度な運動、例えばウォーキングや軽いジョギングなどはは、心臓病の予防に極めて重要ですが、激しい運動は逆効果ですので、避けなければいけません。これらは、日々継続していくことが大切です。

総合的に生活改善を行えば、健康と若さを保てます

他にも、十分な睡眠時間を確保する、ストレスを感じないように努める、普段から血圧をチェックする、なども必要ですが、根本的には、自分の体を総合的に管理する、という観点を持つことです。つまり、心臓だけではなく、他の臓器や体の各部位を常に健康な状態に持っていくことに努める、という点に主眼を置くことが重要なのです。そのためには、普段から、血圧やコレステロール、血糖値などを把握し、毎日の食事のとり方に反映させることも必要です。そして、何より大切なことは、肥満を避けるため、過剰なカロリー摂取を抑え、ベストな体重を維持し、健康で若さを保つよう努めることです。

大動脈瘤とは大動脈の中にこぶが出来ることで血液の流れを阻害します。突発的にこぶが破裂すると、血圧が低下しショックで倒れてしまうケースがあり、命の危険を伴います。